シェアハウスという不動産とはどんものか

シェアハウスというとみんなで住む、というものになりますが、これは多くの場合、居住費を抑えたい若者向けがやっていることになりますが、最近ではそうでもなくなっています。
つまりは、シェアハウスでもそこそこ高い、ということです。
それではそんなところで住む意味がないのでは、と思うかもしれませんが、よい経験になるから、ということでやっていることが多いです。
特に増えているのがなんといっても女性です。
大人の女性が自立するために、ということがあるわけです。
これは物件によって違うことになりますが男性禁制することもあり、つまりはセキュリティ的にかなり安心できることがあるので人気が出ているわけです。
もちろん、安い場合もありますし、必ずしも最近のシェアハウスであるからといって高いわけでもないです。
このあたりが難しいことになりますが住む不動産としてかなりお勧めできるタイプもありますから、これはしっかりと理解しておきましょう。

不動産で資産運用を行うにはどういう方法があるのか

近年、不動産で資産運用を行う人が増えています。
これはいわゆる不動産投資と言われるもので、利益を得る目的で不動産を購入することを言うのですね。
では、その方法はいったいどういうものなのでしょうか。
一つには既に持っている不動産を賃貸して家賃収入を得る方法があります。
戸建てはもちろんのこと、マンションやアパートを建てて、それを人に貸すというものですね。
それから今はけっこう人気なのがパーキングエリアです。
これは有料駐車場で利益を出すというもので、今の世の中は駐車場はかなり需要がありますから、この方法もおすすめですね。
このような投資をインカムゲイン方式と呼びます。
また、もう一つは、不動産を購入してそれを売却するというものがあります。
当たり前のことですがこれで利益を得るためには、不動産の価格が低い時に購入し、価値が上がった時に売却することになりますね。
これをキャピタルゲイン方式と言います。
今の世の中では、不動産投資と言えば、前者のインカムゲイン方式が主流になっています。